【法律解体新書】第54回 「外商投資法」に関する解説(三)

■外商投資法が直面する問題 「外商投資法」が2020年1月1日に施行された後、三資法はそれに伴い廃止されますが、外商投資法は外商投資分野の基礎性法律として、外商投資に関する問題に対し原則性規定を設けているにすぎず、具体的な実務及び実行上、具体的な実施細則及び関連規定…

関連国・地域: 中国香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

「景気後退のリスク高い」 財政長官、警戒姿勢強める(08/23)

東亜銀、社会不安による経済圧迫を警告(08/23)

反落、政情不安懸念で売り=香港株式(08/23)

「人間の鎖」活動は39駅で、通行妨害せず(08/23)

デモ支持の壁で事件多発、警察が注意喚起(08/23)

商社ノーブル、LNGとレアアースに注力(08/23)

対話プラットフォーム構築へ、24日に会議(08/23)

長実、傘下ホテル従業員に無給休暇要求か(08/23)

シャングリ・ラ、19年中間決算は25%減益に(08/23)

ヘンダーソン、香港リスクを注視(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン