• 印刷する

シェル、インドに初の潤滑油研究センター

英蘭系石油大手ロイヤル・ダッチ・シェルは21日、インドでは同社初となる潤滑油の研究施設を南部ベンガルール(バンガロール)で開設したと明らかにした。PTI通信が伝えた。

設置先は既存の技術センター内で、専門職15人が勤務する。自動車、産業部門の技術革新に合わせ、インドだけでなく、世界各国の取引先の事業を支援する狙いがある。

インドの潤滑油市場は世界3位の規模。シェルの大規模な技術センターは、ベンガルールのほか、オランダのアムステルダム、米国のヒューストンにある。


関連国・地域: インド欧州
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ダイヤモンド・オンライン】アップル新型肺炎で苦境、「最強調達戦略」はここまで中国に依存していた(15:01)

テイクオフ:当地の2千ルピー(約3…(02/27)

車両ビジネスに新業態 新興各社、リースから融資仲介へ(02/27)

フォード、SUV「エンデバー」の新型発売(02/27)

配車市場は369億米ドル、年平均13%拡大へ(02/27)

コルカタ港運営会社、保有地のリースを計画(02/27)

スパイスジェット、エビ専用の貨物便を運航(02/27)

ムンバイ―プネの高速道、IRBが運営継続(02/27)

ブルースターが南部に新工場、21年に稼働(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン