• 印刷する

全日空商事、空港にフードコート2号店

全日空商事はチャンギ空港にジャパン・グルメ・ホール・ソラの2号店を開業する(同社提供)

全日空商事はチャンギ空港にジャパン・グルメ・ホール・ソラの2号店を開業する(同社提供)

ANAグループの総合商社である全日空商事(東京都港区)は22日、シンガポールのチャンギ空港で、6月1日にフードコート「ジャパン・グルメ・ホール・ソラ」の2号店を開業すると発表した。日本食の魅力を広く知ってもらうのが狙いだ。

チャンギ空港第1ターミナルの3階に、座席数120席のフードコートを設置する。店舗面積は約232平方メートル。「博多屋台ラーメン一幸舎」「北海道 YOSHIMI」「海鮮まぜ丼 恵丸」の3店が出店する。YOSHIMIは、洋食店などを展開するYOSHIMI(ヨシミ、札幌市)の店舗で、ミルフィーユかつやオムライス、カレー、パンケーキなどを提供するという。

全日空商事は2017年12月、チャンギ空港第2ターミナル3階に「ジャパン・グルメ・ホール・ソラ」の1号店を開業していた。出店数は6店で、座席数は約300席だ。

1号店、2号店ともに、全日空商事と現地パートナーが設立した合弁会社SGリテール・パートナーズが運営する。2号店は、1号店と同様に「和モダン」をコンセプトにしている。

全日空商事は、空港内フードコートの運営のノウハウを蓄積し、今後も海外でリテール事業展開を加速させたい考えだ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

アプリでプリペイド登録可能に、通信最大手(15:56)

ガス供給ユニオン、取引業者火災の影響調査(15:54)

セメントICG、アフリカ同業買収の認可下りず(15:40)

データ分析のトラックス、米企業を買収(15:30)

テイクオフ:どこの国にも迷惑なご近…(06/25)

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

双日と大阪ガス、天然ガス供給で合弁(06/25)

オフィス賃料の上昇基調続く 向こう3~5年、再開発物件軸に(06/25)

5月のインフレ率0.9%、4カ月連続で加速(06/25)

現代自、シンガポール交通大手にEV供給(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン