• 印刷する

全日空商事、空港にフードコート2号店

全日空商事はチャンギ空港にジャパン・グルメ・ホール・ソラの2号店を開業する(同社提供)

全日空商事はチャンギ空港にジャパン・グルメ・ホール・ソラの2号店を開業する(同社提供)

ANAグループの総合商社である全日空商事(東京都港区)は22日、シンガポールのチャンギ空港で、6月1日にフードコート「ジャパン・グルメ・ホール・ソラ」の2号店を開業すると発表した。日本食の魅力を広く知ってもらうのが狙いだ。

チャンギ空港第1ターミナルの3階に、座席数120席のフードコートを設置する。店舗面積は約232平方メートル。「博多屋台ラーメン一幸舎」「北海道 YOSHIMI」「海鮮まぜ丼 恵丸」の3店が出店する。YOSHIMIは、洋食店などを展開するYOSHIMI(ヨシミ、札幌市)の店舗で、ミルフィーユかつやオムライス、カレー、パンケーキなどを提供するという。

全日空商事は2017年12月、チャンギ空港第2ターミナル3階に「ジャパン・グルメ・ホール・ソラ」の1号店を開業していた。出店数は6店で、座席数は約300席だ。

1号店、2号店ともに、全日空商事と現地パートナーが設立した合弁会社SGリテール・パートナーズが運営する。2号店は、1号店と同様に「和モダン」をコンセプトにしている。

全日空商事は、空港内フードコートの運営のノウハウを蓄積し、今後も海外でリテール事業展開を加速させたい考えだ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: サービス

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(19日正午)(20:41)

中国との航空便、8割以上が欠航=運輸省(20:29)

建設業界、新型肺炎で不可抗力条項発動も(20:29)

不動産、新型肺炎でも下落なし=業界関係者(20:29)

新型肺炎の対応省庁に8億Sドル、予算計上(20:29)

消費税増税の救済措置、60億Sドル計上(20:29)

政府サイバー防衛に10億Sドル拠出=予算案(20:29)

新車販売不振、首位は5年ぶりベンツ(20:31)

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン