米系企業、関税の応酬に悲鳴 75%が悪影響を予測、商議所調査

中国で事業展開している米系企業の多くが、再び激化した米中貿易戦争に危機感を強めている。中国に進出する米系企業でつくる米国商工会議所が22日発表した会員企業に対するアンケート調査結果によると、回答企業の74.9%が、両国による追加関税の拡大や関税率引き上げの応酬でビジ…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ハンファ傘下、ファーウェイ系部品調達縮小(17:33)

〔オセアニアン事件簿〕注意!WA州で偽50豪ドル札出回る(17:56)

NEVへの移行、政府は強制しない=識者(17:59)

テイクオフ:目の調子が悪く、地元の…(06/17)

工作機械輸出、7カ月連続減 5月は8%減、メーカー各社も減収(06/17)

逃亡犯条例改正案の審議延期 撤回はせず、緊張継続か(06/17)

5月の工業生産5.0%増 10年ぶり低水準、米中摩擦影響(06/17)

米の対中追加関税率、15日から一律25%に(06/17)

フィリピン人の95%、日本就労に意欲(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン