与党続投、豪財界は「エネ政策の安定を」

オーストラリア企業の幹部らは、モリソン保守連合(自由党・国民党)政権の続投により、所得税減税の恩恵で消費者信頼感が改善するとみているようだ。ただし、投資の拡大に向け、早急に安定性のあるエネルギー政策を打ち出すべきとの立場を示している。22日付オーストラリアン・…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

地方部の技能移民、与党議員が基準緩和要請(17:23)

テイクオフ:オーストラリアの国内便…(02/27)

インフラ開発、水資源を優先 豪政府諮問機関がリスト発表(02/27)

ダイビル、オーストラリアで営業開始(02/27)

豪NZ政府、新型肺炎感染拡大で危機感(02/27)

〔ポッサムのつぶやき〕五輪選手を感染危機にさらさない=豪政府(02/27)

アパレルのジーンズウエスト、香港企が買収(02/27)

医療ヒーリアス、スイスPE企から買収提案(02/27)

競争委、今年の監視優先は通信とエネ業界(02/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン