• 印刷する

DMCI、鉄道事業向けの建機調達に42億円

フィリピンのコンスンジ財閥系の建設大手DMコンスンジ(DMCI)は、向こう2年間で20億ペソ(約42億1,700万円)を設備投資に充てる。大成建設とともに受注したマニラ首都圏の南北通勤鉄道の建設事業に使う、建機の調達に大半を投じる。同社が手掛ける鉄道事業は5件目となる。

DMCIは声明で、南北通勤鉄道の建設事業向けに、向こう2年半で5,000人を雇用する計画を示した。

大成建設とDMCIのジョイントベンチャー(JV)が手掛けるのは、南北通勤鉄道(マニラ市トゥトゥバン―ブラカン州マロロス、延長38キロメートル)のうち、トゥトゥバン―ブラカン州ボカウエ工区(23.6キロ)。DMCIによると、受注額は1,140億円。全線が開通すれば、トゥトゥバン―マロロスの所要時間は現在の1時間半から35分に短縮される。

DMCIは、三菱商事が車両調達、清水建設が車両基地の建設を請け負う首都圏のLRT(軽量高架鉄道)1号線の延伸事業、丸紅が事業全体の履行管理と鉄道システム一式の納入を請け負うLRT2号線の東延伸事業の土木工事を受注している。フィリピン国鉄(PNR)の事業1件と、アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ・モノレールを合わせ、計5件の鉄道事業を手掛ける。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: その他製造建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

アーサランド、国内初の環境配慮型都市開発(15:34)

ボラカイ島の橋建設、サンミゲル案承認へ(15:34)

東ASEAN成長地域、事務局設置を提案(15:34)

テイクオフ:経済成長著しく、あちこ…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

電力産業改革法見直し、議会が2法案審議へ(06/25)

中国電力建設、30億ドルで11事業を推進(06/25)

首都圏の経済区新設凍結、BPO産業に打撃(06/25)

中国人就労のオンラインカジノに最後通告(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン