ASEAN6カ国の成長鈍化 1~3月、中国向け輸出低迷響く

東南アジア諸国連合(ASEAN)主要6カ国の経済成長が鈍化している。2019年1~3月期の国内総生産(GDP)成長率は、物価変動の影響を除いた実質で各国とも前期から伸びが縮小。米中貿易摩擦の影響を受けるタイやシンガポールで中国向けの落ち込みが目立っている。19年通年…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシアフィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

投資テマセク、出資先の温室効果ガス半減へ(19:36)

複合セムコープ、インド新州都での開発中止(19:36)

隣国に水価格の改定要請、ジョ州水不足で(18:52)

テイクオフ:シンガポール政府が電動…(11/13)

エコシステム構築の動き加速 フィンテック、基盤・決済統合で(11/13)

米グーグルの決済サービス、大手2銀と連携(11/13)

フランス中銀、来年初めにアジア拠点開設(11/13)

政府とマイクロソフト、5G開発促進で提携(11/13)

9月小売業売上高、8カ月連続マイナス成長(11/13)

10月の新規車両登録23%減、下げ幅拡大(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン