• 印刷する

雨期入りも降水量は平年下回る見通し

タイ気象局は20日、同日に雨期入りしたと発表した。雨期は10月半ばまで続くが、降水量は平年を5~10%下回ると予測している。昨年も平年を3%下回っていた。21日付ネーションが報じた。

今年6月から7月半ばにかけては特に降水量が少なく、農業用水が不足することを懸念。8~9月は豪雨が予想され、洪水の危険もあると指摘した。

一方、東北部ナコンラチャシマ県では現在、干ばつが続いている。県内の5カ所のダムと23カ所の中規模貯水池の貯水率が30%にとどまっている。9郡の21行政村(タンボン)の52村では、水不足が解消されておらず、このうち35村は干ばつの災害地域に指定されている。


関連国・地域: タイ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

豚コレラの発生確認、中国とタイが禁輸措置(06/25)

テイクオフ:タイの映画館では、必ず…(06/25)

富士ゼロ、再資源化工場閉鎖 長年実績も電子ごみ輸入規制響く(06/25)

ケーヒン、トヨタからエンジン部品を初受注(06/25)

不動産シンハ、ミャンマーで複合施設開発へ(06/25)

工業団地アマタ、フランスで航空産業誘致(06/25)

PNNキャピタル、英不動産5物件を販売(06/25)

東南アのEC市場、急成長も宅配に課題(06/25)

空港高速鉄道開発、来月初めにも契約へ(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン