農水省、輸出拡大へ検疫規制の理解促す

カンボジア農林水産省は、農産品の輸出を拡大するためには業界関係者が植物検疫の規制に関する理解を深める必要があると呼び掛けている。クメール・タイムズ(電子版)が21日伝えた。 17日に開かれたドイツ国際協力公社(GIZ)のセミナーで、同省幹部は農産品の商社や農業団体…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

結核予防会、首都に健康診断センター開設(01/20)

アクレダ銀とウイング、電子決済などで提携(01/20)

韓国現代系がマンゴー加工工場、輸出も開始(01/20)

カタール航空、シエムレアプ便を11月就航(01/20)

ペステック、カンボジア太陽光事業を買収へ(01/20)

ダクノン省に市誕生、「無市省」全国ゼロに(01/20)

中国からLNG輸入、ホテルや飲食店に販売(01/17)

明電舎、越の配電盤社に出資 日越でメコン電力安定供給を支援(01/17)

証取所の1日平均売買代金、19年は約6倍(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン