• 印刷する

財閥GT、カビテの複合開発で提携先を模索

フィリピンの財閥GTキャピタル・ホールディングスは、カビテ州の住宅開発で国内外の合弁先を模索している。地価上昇を背景として、低価格住宅の開発用地に、中間所得層向け住宅と商業施設の複合開発を進めるためだ。地元紙ビジネスワールドなどが伝えた。

イムス市、ジェネラルトリアス市などにまたがる面積702ヘクタールの用地のうち、住宅地「ランカスター・ニュー・シティー」内の約600ヘクタールを開発に充てる。GTキャピタルはこのほど、同社が保有するプロパティー・カンパニー・オブ・フレンズ(PCFI)の株式51%と引き替えに、PCFIが持つ資産価値200億ペソ(約419億円)相当の用地を取得することで合意した。

カルメロ・バウティスタ社長によると、開発用地の地価は1平方メートル当たり1万7,000~5万2,000ペソに上昇しており、PCFIが進めてきた低価格住宅の開発には適さなくなっているという。用地取得の取引を、フィリピン競争委員会(PCC)が承認すれば、国内または外国投資家との合弁事業で、中間層を対象とする中層住宅や商業施設を含む複合開発を進める計画だ。

地価上昇は、マニラ・カビテ高速道路(CAVITEX)とマニラ首都圏の環状道路C5を接続するC5サウスリンク高速道路が2021年に開通予定であることや、カビテ・ラグナ高速道路(CALAX)が22年に完成することが背景という。

GTキャピタルの不動産開発子会社フェデラル・ランドは、野村不動産ホールディングス、三越伊勢丹ホールディングスとの合弁により、マニラ首都圏タギッグ市で、総事業費540億円の大型複合施設の開発を進めている。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染新たに1531人、累計4万336人(22:00)

比商議所、ビジネス目的の往来再開を要請(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

MRT3号線、改修作業の90人コロナ陽性(07/03)

コロナ感染新たに294人、累計3万8805人(07/03)

旧式ジプニー6千台、3日から運行再開(07/03)

首都圏などの制限緩和を要請、経済区庁(07/03)

マニラ空港、渡航制限で経営難も=上院議員(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン