• 印刷する

ヒューマンHD、比人材大手と合弁設立へ

人材・教育・介護事業などを手掛けるヒューマンホールディングス(HD、東京都新宿区)は20日、フィリピンの大手人材会社マグサイサイ・ピープル・リソースと合弁会社を設立すると発表した。日本で改正出入国管理法が4月に施行され、フィリピンを含む外国人材の受け入れが拡大する中、現地で日本語教育事業を強化する。

日本語を中心に語学教育事業を展開する合弁会社マグサイサイ・ヒューマン・ランゲージ・インスティテュートを、7月にマニラ首都圏マニラ市に設立する。資本金は10万米ドル(約1,100万円)。出資比率は、マグサイサイ社が60%、ヒューマンHDが10%、ヒューマンHDの子会社のヒューマンアカデミーが30%。

事業内容は、ヒューマンアカデミーが2016年11月にマグサイサイと結んだ提携に基づき、現地で提供している業種・職種に応じた実践的・体系的な日本語学校やオンラインでの日本語教育が中心となる。日本語講師は日本から派遣するほか、フィリピン人も務める。

日本で就業を希望するフィリピン人を対象に受講生を募り、生徒数は1,000人規模を目指す。

■IT人材育成、10大学で日本語教育

ヒューマンHDはまた、IT分野を中心に日本へ高度人材を送り出すことを視野に、フィリピンの大学への日本語教育カリキュラムの導入を計画している。現在複数の大学と交渉中で、20年9月以降、一部の大学で試験的に導入する予定。21年度までに10大学、1,500人の学生に講義を提供したい考えだ。

ヒューマンHDは、17年からベトナム、インドネシア、タイで、技能実習生を対象に日本語教育を提供してきた実績がある。IT人材については、同グループで16年以降、500人以上を採用し、日本企業へ派遣している。これらのノウハウをフィリピンで生かし、同国を人材供給拠点にしたい考えだ。

合弁会社設立で調印したヒューマンHDの小澤研太郎取締役(左から2人目)=3月23日、マニラ首都圏マニラ市(ヒューマンHD提供)

合弁会社設立で調印したヒューマンHDの小澤研太郎取締役(左から2人目)=3月23日、マニラ首都圏マニラ市(ヒューマンHD提供)


関連国・地域: タイベトナムインドネシアフィリピン日本
関連業種: 金融IT・通信サービス雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アーサランド、国内初の環境配慮型都市開発(15:34)

ボラカイ島の橋建設、サンミゲル案承認へ(15:34)

東ASEAN成長地域、事務局設置を提案(15:34)

テイクオフ:経済成長著しく、あちこ…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

電力産業改革法見直し、議会が2法案審議へ(06/25)

中国電力建設、30億ドルで11事業を推進(06/25)

首都圏の経済区新設凍結、BPO産業に打撃(06/25)

中国人就労のオンラインカジノに最後通告(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン