米「車輸入、安保の脅威」、関税判断は先送り

【ワシントン、ブリュッセル共同】トランプ米政権は17日、自動車や部品の輸入により米国の安全保障が脅かされていると結論付けたと発表した。18日が期限だった輸入自動車に対する追加関税の判断を最大で180日先送りした上で、通商代表部(USTR)に交渉を指示した。日本や欧州連…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(01/24)

新型コロナウイルス、新たに2人の感染確認(01/24)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/24)

極楽湯、新型肺炎受け武漢施設を臨時休業(06:01)

古河電工、洪水被災工場が操業を再開(01/24)

山万がヤンゴンでホテル開業 日本人に照準、介護人材の育成も(01/24)

テイクオフ:職場で朝、パソコンを開…(01/24)

日本の技術で食農環境を改善 日印協業、農水省がセミナー(01/24)

日野自、今年は14%成長目標 インフラ開発・資源価格好転で(01/24)

国内最大の浄水場が稼働、水道供給円滑化へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン