サムレンシー氏、扇動・国王侮辱で有罪

カンボジアの首都プノンペン地方裁判所は18日、国家への反逆に関する扇動および国王侮辱の罪に問われた旧最大野党のカンボジア救国党のサム・レンシー元党首に対し、有罪判決を言い渡した。同氏の弁護士は「不当判決」と批判している。 クメール・タイムズ(電子版)によると、判…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

非常事態宣言、発令向け法整備進める(15:39)

3月の航空便40%減、減便・運休相次ぐ(03/31)

感染者107人に、カジノは全て閉鎖(03/31)

セルカード、国内初の5Gサービス実用化へ(03/31)

マレーシア企業、オクバウで送電線建設受注(03/31)

南部のカンボジア国境、荷動きは通常通り(03/31)

外国人への観光ビザ発給停止、1カ月間(03/30)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン