• 印刷する

水処理ハイフラックスの施設、水道局が接収

シンガポールの水道庁に当たるPUBは18日、経営破綻した水処理大手ハイフラックスが運営する同国西部の海水淡水化プラント「トゥアスプリング」を同日付で接収したと発表した。同日でトゥアスプリングとの水売買契約が終了したためと説明している。

ハイフラックスは2018年5月に経営破綻し、更生管財手続きの適用を高等裁判所に申請していた。PUBは今年3月、ハイフラックスに対して、4月5日までに債務処理を完了できなかった場合、トゥアスプリングを接収する代わりに債務返済請求権を放棄すると通知していた。

トゥアスプリングには海水淡水化プラントと発電施設の2つの施設があるが、接収対象となったのは淡水化プラントだけという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

シンガポール航空、札幌冬季限定便が最多に(10/18)

モビリティー先進度で世界首位、政策など評価(10/18)

香港の日系企業数、今年も2位を維持(10/18)

9月の新規車両登録7%減、二輪伸び鈍化で(10/18)

最大労組NTUC、30年までに組合員150万人(10/18)

ブリッジと地場出版大手、日本で介護ファンド(10/18)

テイクオフ:「住宅トラブルは付きも…(10/17)

フィンテック調達額が過去最高 大型取引多く、デジタル銀で加速(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

東南アジアの成長率予測、5カ国で下方修正(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン