• 印刷する

日系5社、ハノイでバイオ殺虫剤・肥料PR

バイオ殺虫剤とバイオ肥料に関する国際会議で、日系5社が最新技術を生かした製品を紹介した(レイシャン提供)

バイオ殺虫剤とバイオ肥料に関する国際会議で、日系5社が最新技術を生かした製品を紹介した(レイシャン提供)

ベトナム・ハノイでこのほど開催されたバイオ殺虫剤とバイオ肥料に関する国際会議で、日系企業5社が製品紹介を行った。各社の持つ技術に、参加者から高い関心が寄せられた。

国際会議は、台湾拠点の食品肥料技術センター(FFTC)と、農業・地方開発省傘下のベトナム農学アカデミー(VAAS)が共催した。世界10カ国の研究機関の代表者が集まり、研究成果を発表した。

会議に招へいされた日系企業は、◇総合害虫管理の丸和バイオケミカル(東京都)◇微生物サプリメントのヤサキ(広島県)◇乳酸菌資材の安藤通商(熊本県)◇堆肥製造設備の岡田製作所(群馬県)◇シリカ肥料生成技術のダイマサエンジニアリング(同)――の5社。各社とも使用の実際例や効果を示しながら、製品技術を紹介した。

VAASの公式パートナーで、日系5社を農業・地方開発省に推薦したベトナム事業構築支援のレイシャンの担当者は、「日本の優れた農業技術は、世界の農業の効率や品質の向上に重大な役割を果たせる」と強調。国際会議に参加した台湾企業から、日系企業の技術導入について打診があったという。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

車整備業の将来を解説、東京海上日動セミナー(09/23)

韓国自動車部品エスモ、北部に工場を開設(09/23)

ベトソブペトロ、高層住宅開発を中途放棄(09/23)

集合住宅の基準草案、最小25平方メートル(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

太陽光発電の新FIT価格案、全国一律に(09/23)

フィンマ、ベトナムのセメント会社に出資(09/23)

ビンタン第4火力発電所、拡張工事が完工(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン