• 印刷する

英字紙ネーション、6月末に紙面発行停止へ

タイのメディア大手ネーション・マルチメディア・グループ(NMG)のソムチャイ最高経営責任者(CEO)は16日、英字紙「ネーション」の紙面の発行を6月28日付をもって停止し、7月1日からデジタル媒体に完全移行する計画を明らかにした。17日付クルンテープ・トゥラキットなどが報じた。

ソムチャイ氏は、同紙の読者の70%が外国人で、4月には同紙のオンライン媒体へのアクセス・登録者数が2,200万人となったことを明らかにし、「オンラインで需要が高まっている」と説明。紙面は病院やホテルなど法人契約が中心で過去5年間は毎年3,000万バーツ(約1億400万円)の赤字があったと述べた。人員整理はせず、社員をオンライン向けのコンテンツに集中させるという。中国人のタイ向け投資が増えているため、10月にも中国語のネーション電子版を発行する計画を示した。音声版も計画している。

NMGは近年、経営難から資産の切り売りを進めており、4月にはバンコク東郊サムットプラカン県の複数の社有地と建物の売却を発表。ネーションを印刷していた傘下の印刷会社、WPS(タイランド)は昨年末に地場のイースタン・プリンティングに買収された。

ネーションの前身は1971年7月1日に創刊された「ボイス・オブ・ネーション」。軍事クーデターに伴う「血の水曜日事件」が起きた76年10月6日に他紙とともに廃刊となったが、その後「ネーション・レビュー」として復刊。85年にネーションとなって現在に至っている。

英字紙「バンコクポスト」などを発行するバンコクポストは3月末にタイ字紙「ポストトゥデー」の紙面発行を停止した。


関連国・地域: タイ
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝、寝覚めに体重計に…(06/01)

減産で先行き不安、日系の自動車関連企業(06/01)

制限緩和第3弾、きょう実施 マッサージ店や映画館が営業再開(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

新規感染者4人、海外からの帰国者(31日)(06/01)

労働許可証の保有者、緊急用件で入国許可も(06/01)

4月の外国人旅行者はゼロ、入国禁止措置で(06/01)

各地のビーチがきょう再開、制限緩和受け(06/01)

王宮が6月4日に再開、観光客受け入れ(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン