• 印刷する

米中摩擦はインドの好機=マヒンドラ会長

インドの複合企業(コングロマリット)マヒンドラ・グループのアナンド・マヒンドラ会長は15日のツイッターへの書き込みで、米中貿易摩擦の激化はインドにとってのチャンスと指摘した。PTI通信が伝えた。

マヒンドラ氏は、米中の対立が中国企業によるインドへの投資拡大につながると予測している。同氏は、米中首脳会談関連の報道に触れ、「仮に打開策が見いだされたとしても、米国への輸出の多い中国企業はリスクを分散するためにインド子会社に投資し、生産を移すだろう」と指摘した。「中国からの投資の波は、すぐそこまで迫っている」という。

同氏は、中国からの投資でインド側の利益は守られるのかとの質問に対しては、「仕事が生まれる。インドが必要としているものだ」と書き込んだ。


関連国・地域: 中国インド米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:注文して当日や翌日にオ…(11/13)

10月車販売は5%減の35万台 12カ月連続減、乗用車はプラス転換(11/13)

10月の二輪販売14%減、11カ月連続マイナス(11/13)

愛三工業、西部にBS6対応の新工場を開所(11/13)

中国長城汽車、インド法人をグルガオンに設立(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

EVタクシーのリチウム、ウィプロと提携(11/13)

タタの「ネクソン」EV版、来月16日に公開(11/13)

製薬ルピン、共和薬品を日本企業に売却(11/13)

CNGターミナル、西部港に設置へ(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン