• 印刷する

テイクオフ:「性的マイノリティに人…

「性的マイノリティに人権を!」。ピンクのポロシャツとチョウの羽をまとい、虹色の旗を誇らしげに掲げる。LGBT政党ラドラドのリーダー、ベネディートは、比議会初のトランスジェンダー議員を目指し、支援を求め全国を行脚する。2013年に見られた実際の選挙活動だ。

この光景を伝えるのはドキュメンタリー映画「アウト・ラン」。中間選挙を前に、選挙をテーマにした作品を上映するイベント「エレクション・イヤー」が、国立フィリピン大学フィルムインスティチュート(UPFI)で開かれた。映画から社会を学ぶというUPFIの活動の一環だ。

残念ながら同作品で描かれたベネディートは敗北。彼女の夢はかなわなかったが、16年に他党から初のトランスジェンダー議員が誕生した。植民地や独裁政権に抵抗し、民主主義を勝ち取ってきたフィリピン。そのスピリットの良い面を、あますことなく捉えている作品だ。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤や買い物に支障が出…(12/09)

1~9月のFDI認可額3倍 特区向けは3割減、税制改革懸念(12/09)

東南アの20年成長率4.5%維持=欧社予測(12/09)

阪急阪神、新たな戸建て分譲事業始動(12/09)

〔ミ島通信〕ミンダナオ鉄道、経済開発庁が承認(12/09)

官民連携の交渉迅速化、財務相が意欲(12/09)

縫製業に行程表、今後10年で世界10位へ(12/09)

新空港の着工遅延、地元市長らが懸念表明(12/09)

ACエナジー、20年末に発電容量倍増(12/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン