• 印刷する

SK、1テラの96層NAND型メモリー開発

韓国半導体大手のSKハイニックスは9日、容量が1テラ(テラは1兆)ビットの96層NAND型フラッシュメモリーを開発し、出荷を始めたと発表した。主に3次元(3D)NANDに使われる「チャージトラップフラッシュ」(CTF)という技術に、1つの素子に4ビットを記録する「QLC」という呼ばれる技術を加えた。同社は、生産効率などで既存の3DNAND型よりさらに進化した意味で「4D」と命名している。

3ビット記録する現行に比べて記憶容量は33%増えることになる。チップサイズも既存のQLCに比べて90%縮小。データ処理能力も2倍向上したという。

1テラの96層NAND型メモリー(SKハイニックス提供)

1テラの96層NAND型メモリー(SKハイニックス提供)


関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/24)

2年連続の貿易赤字、米中摩擦で輸出低迷(01/24)

サムスン冷蔵庫事業、成長率目標は20%(01/24)

テイクオフ:独特のにおいで苦手な人…(01/23)

19年GDP成長率は2.0% 投資全般が不振、息切れ感強まる(01/23)

【すごいアジア人材@日本企業】日本で活躍するアジアの高度人材たち(4)(01/23)

東京エレク、平沢に技術支援センター設立(01/23)

サムスンのQD有機EL、セメスの装置導入(01/23)

現代自の19年営業益52%増、7年ぶりプラス(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン