ショッピーが東南ア初首位 EC訪問数、シェア争い激化

東南アジアの電子商取引(EC)サイト市場で、シンガポールのショッピー(Shopee)が存在感を増している。マレーシアの情報収集サイト運営会社iPriceによると、2019年1~3月期の利用者数は域内主要6カ国の中で初めて首位となった。一方、これまでトップの座にあっ…

関連国・地域: タイベトナムマレーシアシンガポールインドネシア
関連業種: IT・通信小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

不動産税のテナントへの返還義務化、財務省(18:30)

外国人の単純労働者、当局が転職支援強化(18:30)

3月PMIは低下、下落幅は東南アで最小(18:37)

コロナで4人目の死者、インドネシア人(18:30)

中小小売業のEC促進、初期費用9割負担で(18:30)

テイクオフ:10年以上前にシンガポ…(04/02)

共用オフィス、利用者が増加 新型コロナ下のテレワーク推奨で(04/02)

入国拒否73カ国・地域、全入国者に待機要請(04/02)

企業救済に新法案、契約不履行に公的猶予(04/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン