《知財》5Gの必須特許出願数、華為が世界トップ

知財関連のデータ分析に強みを持つ独IPlyticsによると、3月時点の第5世代(5G)移動通信システムに関する標準必須特許(SEP)の出願件数のうち、通信機器大手の華為技術(深セン市、ファーウェイ)が占める割合は15.1%で、世界1位だった。IT情報サイトの中関村在線が9…

関連国・地域: 中国-深セン韓国米国欧州
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本は5月としては記録…(05/27)

EMS和碩、回帰投資に149億元 R&Dなど強化、米中摩擦に対応(05/27)

中国宝武鋼鉄、生産移管を検討(05/27)

貿易への逆風に警戒感 商務省、1Qの対米2桁減(05/27)

TSMC、華為傘下・海思半導体への出荷継続(05/27)

昨年10月~3月の対中貿易額、55.6億ドル(05/27)

米中貿易戦争、米国からの視点を解説(05/27)

珠江デルタは今年も2桁増収、HSBC幹部(05/27)

車両購入税法施行、消費者の税負担は軽減へ(05/27)

ヤンゴン、雲南と上海への直接輸出を協議(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン