• 印刷する

日航と宏遠、越境ECサービスで新会社

日本航空は8日、空港物流や国際物流を手掛ける宏遠控股集団(北京市)と東京都に共同出資会社を設立すると発表した。日本企業と中国の越境電子商取引(EC)サイト運営会社のマッチングや、羽田空港から北京首都空港までの航空輸送サービスなどを手掛ける。

新会社はJAL宏遠で、7月1日の設立を予定。資本金・資本準備金は2億円で、日航が51%、宏遠が49%を出資する。

新会社はほか◇羽田空港隣接地に建設中の物流施設における商品の保管、管理◇同施設での発注に応じた商品の仕分けや梱包(こんぽう)、ラベリング、発送サービス、輸出通関、国際航空輸送手配◇北京首都空港で宏遠が展開する越境EC通関センターでの貨物扱い、輸入通関、個別発送――といった業務を手掛ける。


関連国・地域: 中国-北京日本
関連業種: 運輸IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

天津市のGDP、19年は4.8%成長(01/24)

児玉化学工業、江蘇子会社売却し中国撤退(01/24)

韓国で2人目の新型肺炎感染者(01/24)

陸海の国境でも検温実施、新型肺炎対策で(01/24)

新型肺炎の死者41人、発症ほぼ全土に(10:18)

湖北省全域への渡航中止、日本外務省が勧告(01/24)

新型肺炎の死者25人に、湖北以外でも(01/24)

極楽湯、新型肺炎受け武漢施設を臨時休業(06:01)

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン