• 印刷する

テイクオフ:海外赴任で最も気がかり…

海外赴任で最も気がかりなのは住居だろう。不動産相場が年々上昇するマニラ首都圏マカティ市。部屋探しは難航するかと思いきや、職場まで徒歩5分、家具・家電付きの清潔な部屋が、2万5,000ペソ(約5万円)以下ですんなり見つかった。

ただ、商業施設を建設中の隣の騒音はひどい。「ドリル音で目が覚める」と、以前同じ物件に住んでいた同僚は入居に難色を示した。部屋から工事現場は1メール程の至近距離。最大で地下鉄の車内程度の騒音が聞こえる。それでも自分は気にならず、すやすや昼寝ができるほど。格安で極上の城を得た、はずだった。

作業員の存在が気になったのはつい先日。窓の外に、互いの表情が分かる距離で仕事に励む姿が見えた。今は見下ろす位置だが、2カ月後にはきっと彼らと目が合うはずだ。カーテンを閉め切った太陽光の入らないモグラ生活を、今から覚悟している。(西)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:フィリピン人海外出稼ぎ…(08/19)

人材派遣21社警戒リストに 労働雇用省、出稼ぎの権利保護(08/19)

比中連合のLNG基地建設、事業免許延長(08/19)

クラーク国際空港の運営、民間引き継ぎ(08/19)

メリープ、地場大手とスポーツ番組制作(08/19)

石油シーオイル、給油所新設を加速(08/19)

石油大手の減益、財務省「増税要因でない」(08/19)

基地転換庁、自動運転バス運用で米社と契約(08/19)

高速道NLEX、混雑解消へ77億ペソ投資(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン