• 印刷する

テイクオフ:「新年を迎えて新しい自…

「新年を迎えて新しい自分になる」。新年を自分を変えるきっかけにしたいと考えるタイ人は多い。しかも幸運なことに、タイ人にとってはそのチャンスが複数回あるのだ。

一つ目は毎年2月ごろの中国の旧正月。もう一つは4月のタイ正月(ソンクラーン)だ。旧正月で新年の誓いと目標を立てたが、うまくいかなかった場合は、ソンクラーンで修正する機会がある。

それどころか、日本好きの友人は7月7日の七夕を新年のように祝っている。友人いわく「普通のタイ人とは違うが、再スタートするきっかけにしている」と言う。

これはタイ人の中にあるユーモアであり、タイ人が外国の文化を歓迎している一面だろう。だから、この友人のように、ほかの国でも将来的に新たな新年の祭りとしてソンクラーンを祝い、水掛け祭りを楽しんでくれることがあればうれしい。(ピ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(16:24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(17日正午) 中国本土の感染者は7万人超に(02/18)

テイクオフ:人は誰しも大なり小なり…(02/18)

19年のGDP成長率2.4% 5年ぶり低成長、4Qが1%台に(02/18)

1月の自動車輸入、前月比35%減の4281台(02/18)

中国長城汽車、GMのラヨーン工場を買収へ(02/18)

オンライン中古車販売のカーロ、卸売に参入(02/18)

空港局、地方4空港拡張へ4月に入札実施(02/18)

タイとの国境貿易、交通協定などで増加期待(02/18)

20年度の空港利用者、肺炎で10%減の見通し(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン