• 印刷する

テイクオフ:「新年を迎えて新しい自…

「新年を迎えて新しい自分になる」。新年を自分を変えるきっかけにしたいと考えるタイ人は多い。しかも幸運なことに、タイ人にとってはそのチャンスが複数回あるのだ。

一つ目は毎年2月ごろの中国の旧正月。もう一つは4月のタイ正月(ソンクラーン)だ。旧正月で新年の誓いと目標を立てたが、うまくいかなかった場合は、ソンクラーンで修正する機会がある。

それどころか、日本好きの友人は7月7日の七夕を新年のように祝っている。友人いわく「普通のタイ人とは違うが、再スタートするきっかけにしている」と言う。

これはタイ人の中にあるユーモアであり、タイ人が外国の文化を歓迎している一面だろう。だから、この友人のように、ほかの国でも将来的に新たな新年の祭りとしてソンクラーンを祝い、水掛け祭りを楽しんでくれることがあればうれしい。(ピ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:敗者の残骸が、床に散ら…(07/18)

新政権が発足、軍政から移管 大幅賃上げなど公約実現が焦点に(07/18)

適切な経済政策を継続的に=日本人商工会(07/18)

東南アの訪日者、6月は横ばいの27万人(07/18)

タイCPの養鶏など投資12件・恩典9件を認可(07/18)

憲法改正、国民の半数が賛成=NIDA(07/18)

連立与党、最賃400バーツへの引き上げ賛成(07/18)

最大野党のタイ貢献党、新党首にソムポン氏(07/18)

バンコク知事選候補、KMITL学長ら浮上(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン