• 印刷する

《日系進出》新日本コンサルが現法設立

新日本コンサルタント(富山市)は24日、インドネシアに水力発電事業の開発・エンジニアリングの現地法人を設立したと発表した。水力の電源開発の需要が大きい同国で、開発中の案件を推進するとともに、新規案件を発掘して設計、施工管理も手掛ける。

新会社の資本金は50億ルピア(約3,933万円)。新日本コンサルタントと、完全子会社のニックスニューエネルギー(富山市)が出資する。首都ジャカルタに事務所を設置した。社員数は7人で、うち技術者は5人。

新日本コンサルタントは2016年11月、現地パートナーと別の合弁会社を設立、スマトラ島で水力発電所(最大出力1万3,000キロワット)の開発を進めている。今年3月には、インドネシアの国営電力PLNによる電力供給業者資格審査を通過しており、今後はPLNと売電契約の締結を目指して売電価格や条件の交渉を行う。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

フードデリバリー運営社、コロナ禍で廃業(14:56)

国営通信の上半期決算、小幅な減収減益(13:35)

テイクオフ:自分は世界一短気な人間…(08/10)

コロナ感染者、東南ア最多に 政府は否定、検査数で大差(08/10)

隔離違反で感染拡大に危機感 政府、新常態キャンペーン開始(08/10)

日産、地場と提携強化で攻勢 インドモービルに販社の経営権(08/10)

パティンバン港、11月に部分供用を開始へ(08/10)

デジタル課税、徴収対象に10社追加(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン