起亜自1Q営業益94%増、訴訟引当金の戻入で

韓国の完成車大手、起亜自動車は25日、2019年1~3月の連結業績で、本業のもうけを示す営業利益は前年同期比94.4%増の5,941億ウォン(約574億円)だったと発表した。売上高は0.9%減の12兆4,444億ウォンとなったが、北米市場での善戦と販売単価の上昇に加え、通常賃金を巡る訴訟…

関連国・地域: 韓国
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

サムスンのQD有機EL、セメスの装置導入(18:08)

現代自の19年営業益52%増、7年ぶりプラス(18:11)

現代物流社の海上輸送、系列外が5割超(18:10)

セルトリオン、中国にバイオ医薬品工場(15:15)

国営建設、バリ空港LRT事業で韓国と協力(17:26)

テイクオフ:韓国の20~40代を中…(01/22)

小型セダン「オーラ」投入 現代自、来年度は1桁成長見通し(01/22)

カカオが韓進KALに出資 趙会長に有利な議決権行使か(01/22)

社外取締役は最長6年、商法改正案が可決(01/22)

新型肺炎、保健省が渡航者に注意呼び掛け(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン