• 印刷する

日精樹脂、チェンナイに新事務所を開設

プラスチック射出成形機を製造・販売する日精樹脂工業は22日、インド南部チェンナイに現地法人ニッセイ・プラスチック(インディア)の支店として新事務所を開設したと発表した。チェンナイでの自動車部品の需要増加に対応するサービス拠点として、1月から稼働している。

インドでは、政府の製造業振興策「メーク・イン・インディア」と、自動車の電動・軽量化に伴い、国内でのプラスチック部品メーカーの需要拡大が見込まれる。日精樹脂の広報担当者はNNAに対し、「アフターサービスだけでなく、定期点検などのビフォーサービスも提供していきたい」とコメントした。

新事務所はチェンナイのギンディ工業地区に開設した。これまでは北部グルガオンの現法本社と、西部ムンバイを拠点とする代理店を通じてサービスを展開してきた。南部に事務所を設置することで、事業基盤の拡大を図る。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドに到着してはや3…(05/22)

現代自「ベニュー」世界初投入 小型SUVの需要取り込み(05/22)

マルチ・スズキを調査、値引き制限の疑い(05/22)

タタ決算、JLR不振で2882億ルピーの赤字(05/22)

車部品メーカー、ロイヤルを特許侵害で提訴(05/22)

商用車アショク、テスラとの協業に前向き(05/22)

自賠責保険料、当局が引き上げを提案(05/22)

双日、ベンガルールに新規事業開発拠点(05/22)

複合リライアンス、売上高でも国内首位に(05/22)

キログラム再定義の国際決議、インドが採択(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン