• 印刷する

ブルーSGのEV充電設備、一般車両に開放

ブルーSGが一般の電気自動車(EV)にも開放する充電設備=シンガポール西部(NNA撮影)

ブルーSGが一般の電気自動車(EV)にも開放する充電設備=シンガポール西部(NNA撮影)

シンガポールで電気自動車(EV)を用いたカーシェアリング事業を手掛けるブルーSGは23日、国内25カ所にある99基のEV充電設備を、自社の車両以外の一般車両に開放すると発表した。同社はEVカーシェア事業を政府から受注した際に、充電設備の一部を一般に開放するよう条件を付けられていた。

一般のEV所有者が年会費20Sドル(約1,650円)を支払って会員になると、ブルーSGの充電設備が利用できるようにする。充電料金は3時間までは1時間当たり1Sドル、それ以降は1時間当たり2Sドルで、24時間いつでも利用可能とする。スマートフォン向けアプリを通じて事前に予約する仕組みにした。

ブルーSGは現在、国内191カ所に755基の充電設備を設置。今回一般車両に開放するのは公営住宅(HDBフラット)街や工業団地などの駐車場に設置した設備で、全体の13%に当たる。

2020年までにEV充電設備を500カ所2,000基に増やす計画。うち400基を一般車両に開放する予定だ。

ブルーSGは17年12月にEVカーシェア事業を開始した。現在はEV450台を稼働しており、20年にはこれを1,000台に増やす。

シンガポールでは電力・ガスの供給などを手掛ける政府系企業SPグループなどもEV充電設備の整備を進めている。ブルーSGによると、同社の充電網が一般向けでは国内最大規模という。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

リーガル不動産、海外初拠点設立へ(18:53)

百貨店メトロ、インドネシア合弁から撤退(18:14)

新規車両登録、4カ月連続マイナス成長(18:14)

今年のIPO市場、不動産投信が大半(18:14)

セレター空港、新施設追い風に ビジネスジェットで存在感(上)(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

NTT、3カ国間の海底ケーブル敷設(12/13)

小売業売上高、9カ月連続マイナス成長(12/13)

3Q雇用増加数を下方修正、サービス業低下(12/13)

働きやすい会社、1位はグーグル=米社調査(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン