• 印刷する

再エネ40年に30%台、電力基本計画案

韓国政府は19日までに、2040年までに再生可能エネルギーの電力比率を30%台に引き上げる電力基本計画案をまとめた。再エネを普及させて、文在寅(ムン・ジェイン)政権が掲げる「脱原発」を実現させたい考えだ。

韓国の再エネ電力比率は17年基準で7.6%水準と、ドイツ(29.3%)や英国(24.7%)、日本(15.9%)など先進国を大きく下回る。 韓国政府は、太陽光や風力発電への投資を促進するとともに、環境への負担が大きい石炭火力発電所を削減して、電力比率を30~35%台に引き上げる計画だ。

ただ、文政権が立てる目標は「現実的でない」との見方も多い。韓国政府は、再エネのうち太陽光発電6割、風力発電3割程度で賄いたい考えだ。韓国経済新聞によると、韓国は日照量が十分でなく、目標とする発電能力を備えるには、ソウル市の半分の面積に相当する敷地に太陽光パネルを敷き詰める必要があるという。

文政権は、17年発足時に脱原発を公約に掲げた。着工中だった新規原発の建設計画を凍結させ、再生可能エネルギーの活用を推進している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの検査キット、地場企業が開発(04/06)

テイクオフ:「コロナウイルスで死ぬ…(04/07)

コロナ禍で航空旅客9割減 借金山積み、追加支援欠かせず(04/07)

新型コロナ感染者1万284人、死者186人に(04/07)

上場企業の純利益、19年4Q時点で93%減(04/07)

19年の半導体材料市場、台湾が首位維持(04/07)

大手上場企業の2割、社員数・賃金が縮小(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン