• 印刷する

再エネ40年に30%台、電力基本計画案

韓国政府は19日までに、2040年までに再生可能エネルギーの電力比率を30%台に引き上げる電力基本計画案をまとめた。再エネを普及させて、文在寅(ムン・ジェイン)政権が掲げる「脱原発」を実現させたい考えだ。

韓国の再エネ電力比率は17年基準で7.6%水準と、ドイツ(29.3%)や英国(24.7%)、日本(15.9%)など先進国を大きく下回る。 韓国政府は、太陽光や風力発電への投資を促進するとともに、環境への負担が大きい石炭火力発電所を削減して、電力比率を30~35%台に引き上げる計画だ。

ただ、文政権が立てる目標は「現実的でない」との見方も多い。韓国政府は、再エネのうち太陽光発電6割、風力発電3割程度で賄いたい考えだ。韓国経済新聞によると、韓国は日照量が十分でなく、目標とする発電能力を備えるには、ソウル市の半分の面積に相当する敷地に太陽光パネルを敷き詰める必要があるという。

文政権は、17年発足時に脱原発を公約に掲げた。着工中だった新規原発の建設計画を凍結させ、再生可能エネルギーの活用を推進している。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国企業で働いていた頃…(11/13)

ラオス初の野球リーグ戦、韓国支援で開催へ(11/13)

アシアナ売却、HDCに交渉権 航空業界に再編の波も(11/13)

現代自、10月の販売台数7737台で首位(11/13)

失業給付金の支給額、過去最高を記録(11/13)

20年の経済見通し、大手が「冬の時代来る」(11/13)

成長滞る中堅企業、規制強化も一因(11/13)

ホアビン建設、南部で不動産開発2件を受注(11/13)

現代自、ロードノイズを音波で低減へ(11/13)

M&Mとフォードの合弁、双竜参加の可能性(11/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン