• 印刷する

テイクオフ:十数年前に、シンガポー…

十数年前に、シンガポールに住む日本人の友人から「マレー語は世界一簡単な言語だ」と言われた。その後、マレー半島周辺で暮らし、2019年の今もマレー語はまるで上達していない。

英語で十分事足りてしまうのでマレー語を覚える動機づけが弱いことはある。己の語学センスのなさを無視し、あえて責任転嫁をすると、マレーシアでは外国人がマレー語を使うことに抵抗があるように感じる時がある。簡単な朝のあいさつをマレー語でしたところ、なぜか返ってくるのは英語のグッモーニング。パリジャンにフランス語で話しかけると英語で返答されるのと同じものか。もちろん自分の発音・アクセントがド狂いしている可能性も否定しないが。

そういえば前述の友人はマレー語ペラペラでローカルの従業員とジョークを飛ばしあえるほど。やはり最後は本人のやる気なのかと反省。(角)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

地下経済からも徴税へ GDPの4分の1、SST拡大も(10/18)

来年の最低賃金見直し、与党議員が提言(10/18)

外国人労働者割合、来年めどに15%に(10/18)

過去4年半の自己破産は8万人、7割は男性(10/18)

RM1=26.0円、$1=4.18RM(17日)(10/18)

インソン最大の受注、南米企業から50億ドル(10/18)

高速道路PLUS、実業家が新たな買収提案(10/18)

サウジ航空、ジッダ線にドリームライナー導入(10/18)

MRTコープ、線路点検で英アラップと契約(10/18)

ICT産業の粗付加価値、18年は7%増(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン