• 印刷する

観光局、中国人誘致でアリババと提携

シンガポール政府観光局(STB)は16日、電子商取引(EC)中国最大手、阿里巴巴集団(アリババグループ)とシンガポールへの中国人観光客誘致で覚書を交わしたと発表した。

契約期間は3年。STBが今年下半期(7~12月)に展開する中国人向け観光キャンペーンの一環となる。

STBは2017年、アリババグループの電子決済サービス「アリペイ(支付宝)」と中国人観光客の取り込みで提携していた。今回はアリババ傘下の多様なグループと連携を図る。提携先には、オンライン旅行サービスプラットフォーム「フリギー(Fliggy)」や動画配信プラットフォーム「優酷(YOUKU)」、イベントチケット販売プラットフォーム「大麦(Damai)」、クラウドコンピューティング部門「アリババ・クラウド」が含まれる。

具体的には、STBとアリババは中国人観光客向けに共同でマーケティングやコンテンツ開発を展開。中国人観光客の行動分析も行い、旅行者のニーズに沿った観光サービスの提供を目指す。1990年代生まれの若者に訴求する観光素材も開発したい考えだ。国内の小売店、ホテル、娯楽施設と連携し、中国の電子決済に対応できる仕組み作りも進める。

■隣国旅行サイトとも覚書

STBは同日、インドネシアの大手旅行サイト、トラベロカと東南アジア観光客の誘致で覚書を締結したと発表した。

インドネシアやマレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムの観光客のシンガポール訪問を誘致する。5カ国で共同観光キャンペーンを展開する計画だ。


関連国・地域: 中国シンガポールインドネシア
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

5カ月連続輸出減、通年10年ぶり低水準の予測(08/16)

フィンテック資金調達額、上期は4倍近く(08/16)

小児ぜんそく監視端末、スタートアップが開発(08/16)

一帯一路への関心高く 東南アジア、投資はベトナム首位(08/16)

国民自慢のマンゴー脚光 輸出増、日本向けは加工品で(08/16)

工業不動産の入居需要、貿易摩擦で低迷(08/16)

みずほ銀行子会社、サイバー攻撃で情報漏えい(08/16)

人材派遣フルキャスト、地場企業と合弁会社(08/16)

陸運大手の社会事業部門、人材紹介開始(08/16)

みずほとOCBC、地場プルマタ銀を買収か(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン