対米輸出、台湾と越で急増 各地で輸出拠点の分散が加速か

台湾やベトナム、韓国といった中国の周辺国・地域で、米国向けの輸出拠点を分散する動きが顕著になっている。これら3カ国・地域の今年1~3月の輸出は中国向けが減速しているのと対照的に、米国向けが大幅に伸びた。品目によっては2倍以上に拡大しているものもあり、米中の貿易…

関連国・地域: 台湾韓国ベトナム
関連業種: 電機繊維IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

8月東南ア訪日客98.9%減、コロナ影響続く(15:51)

キリン、機能性飲料を拡充へ 越の健康志向、日系の挑戦(上)(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

外食のサガミ、ベトナム3号店をオープン(09/21)

越航空が東京行きの商業運航、4月以降で初(09/21)

ホーチミン市新バスターミナル、来月開業(09/21)

EU企業、カイメップハ港でロジセンター(09/21)

米物流UPS、ベトナムに貨物便運航(09/21)

フィンランド投資社、ビンズオン鉱産に出資(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン