• 印刷する

3月シドニーホテル稼働率、5年ぶり低水準

オーストラリア・シドニーのホテル客室稼働率が、3月に87.2%と前年同月から1.3ポイント下落し、5年ぶりの低水準になったことが分かった。また、平均客室単価は1泊当たり230.94豪ドル(約1万8,551円)と7%下がっている。ホテル供給が拡大したことが背景だ。15日付オーストラリアンが伝えた。

英国のホテル調査会社STRグローバルによれば、平均客室単価も1年ぶりの低水準だという。また、シドニーのホテルの客室1室当たり売上高(RevPAR)は3月に201.36豪ドルと、8%下落した。

STRは、客室供給が3月までの1年間に3%増加したとしており、今後も供給は増える見込みだ。米不動産総合サービスのジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)のホテル・娯楽部門は2021年に、シドニーで124室のホテルを開業する予定だ。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリア・ニュー…(11/14)

豪3Q賃金上昇、2.2%に減速 来年はさらに低調か(11/14)

豪準備銀総裁、今月末に量的緩和実施の布石か(11/14)

経済浮揚には豪ドル安が必要=豪準備銀(11/14)

〔オセアニアン事件簿〕豪東部山火事、一部で放火の疑いも(11/14)

豪11月消費者マインド、前月の下落から回復(11/14)

クリスマス商戦は低調か=豪小売調査(11/14)

不動産エコワールド、豪開発事業初の上棟式(11/14)

現代自、米・豪のエコカー市場攻略へ(11/14)

小売大手とガソスタ、コンビニ店にブレーキ(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン