【人財羅針盤】第117回:改正雇用法による変更点 その1:解雇について

日本では2018年7月、カジノを財源としようといわゆるカジノ法案(実際は「統合型リゾート整備推進法案」)が閣議で決定されました。シンガポールでもカジノ施設の開発案が浮上した当初は反対意見が多かったのですが、国民と永住権(PR)保持者に入場料を課すことで、今では大き…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールで生活して…(12/10)

日本企業4社、テマセク傘下ファンドに出資(12/10)

アサヒ、隣国自販機会社を買収(12/10)

輸入サービスの消費税、100社超が登録(12/10)

EC潜在力ランク3位、アジアでは首位(12/10)

仏石油トタル、アジア太平洋統括拠点を開設(12/10)

MRT新路線2駅の建設、中国企業が受注(12/10)

今年のM&A活発、大型案件は減少(12/10)

【ビジネス現場】第2回 ASEANでの価格戦略(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン