【人財羅針盤】第117回:改正雇用法による変更点 その1:解雇について

日本では2018年7月、カジノを財源としようといわゆるカジノ法案(実際は「統合型リゾート整備推進法案」)が閣議で決定されました。シンガポールでもカジノ施設の開発案が浮上した当初は反対意見が多かったのですが、国民と永住権(PR)保持者に入場料を課すことで、今では大き…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:チャンギ空港内の大型複…(09/22)

海外資金流入額が3割増加 香港から移転、金融ハブ地位向上(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

複合ケッペル子会社、韓国の年金基金と提携(09/22)

保険大手AIA、人材育成制度を導入(09/22)

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(09/22)

事業中断保険の契約者、補償に不安(09/22)

脱毛サロンの銀座カラー、店舗閉鎖(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン