豪新年度予算、12年ぶり黒字 所得税減税など大盤振る舞い

オーストラリア連邦政府のフライデンバーグ財務相は2日夜、2019/20年新年度予算案を発表し、新年度の連邦財政が、これまで続いた赤字から12年ぶりに71億豪ドル(約5,595億円)の黒字になるとの見通しを明らかにした。所得税減税や1,000億豪ドルのインフラ建設など、都市部や地方…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品金融運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コカトゥー(オウム)が…(02/26)

豪NZ株式市場に続落懸念 パンデミック不安払拭できず(02/26)

【食とインバウンド】欧米豪の富裕層に「クリーンフード」を(02/26)

日用品ペンタル、新型肺炎で漂白剤需要増加(02/26)

鉄鋼ブルースコープ、中国事業は利益困難(02/26)

相次ぐ韓国への渡航自粛、米国や台湾も勧告(02/26)

〔オセアニアン事件簿〕豪への他国スパイ活動、「冷戦より悪化」(02/26)

西シドニーのごみ発電所建設、住民が猛反対(02/26)

豪は海外の医薬品に依存、輸入9割=報告書(02/26)

〔政治スポットライト〕政府の宗教差別禁止法案、企業と労組が反対(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン