豪新年度予算、12年ぶり黒字 所得税減税など大盤振る舞い

オーストラリア連邦政府のフライデンバーグ財務相は2日夜、2019/20年新年度予算案を発表し、新年度の連邦財政が、これまで続いた赤字から12年ぶりに71億豪ドル(約5,595億円)の黒字になるとの見通しを明らかにした。所得税減税や1,000億豪ドルのインフラ建設など、都市部や地方…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 医療・医薬品金融運輸電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近利用が減ったのが、…(09/22)

【日本の税務】勤務期間が短縮された場合の取扱い(09/22)

州インフラ開発に100億$追加 連邦、10月発表予算案で(09/22)

政府が失業給付金の条件厳格化、就職促進で(09/22)

相続税導入で印紙税廃止を=著名経済学者(09/22)

VIC州、コロナ規制解除案を改定へ(09/22)

〔政治スポットライト〕菅首相、モリソン首相と初電話会談(09/22)

HCL、豪同業を1億5820万豪ドルで買収(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン