ボーイング737MAX、新規導入を凍結

中国民用航空局(民航局)が、エチオピアで墜落事故を起こした米ボーイング製小型機「737MAX」の耐空証明の申請受理を中止すると航空・運輸各社に通達したことが分かった。耐空証明の発給凍結期間中は、国内の航空会社は事実上、同型機の新規導入ができなくなるという。第一財経…

関連国・地域: 中国-全国米国
関連業種: その他製造運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

香港への統制強化、米国務長官報告書が指摘(11:38)

AD調査を半年延長、日米などの合成樹脂(05/29)

国際便の発着激減、中国出張者の利用が主流(05/29)

中国のコロナ対策90兆円規模 李首相、7割を消費刺激に(05/29)

【新型コロナアンケート】コロナで「上期は減収」8割 アジア日系企業、インドは97%に(05/29)

大聯大、香港など各地でスマート倉庫建設へ(05/29)

香港版安全法の制定案を可決、中国全人代(05/29)

全人代閉幕、民法典が成立(05/29)

双日車販社、吉利のSUV「アズカラ」投入(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン