• 印刷する

電力不足で便乗値上げ、政府が改善要請

カンボジア政府は、電力不足で発電機の販売業者が便乗値上げに動いていることに対し、適切な価格で販売するよう改善を求めている。価格が2倍以上に値上がりしている例もあるという。クメール・タイムズ(電子版)が26日伝えた。

発電機の売れ行きが伸びている背景には、降雨不足によるダムの水位低下で水力発電所が稼働できない状態が続いていることがある。こうした事態につけ込み、発電機業者が便乗値上げに動いたため、ソーシャルメディア上に消費者の苦情があふれた。

政府のパイ・シパン報道官は「販売業者は誠実な価格を維持し、助け合いの精神で電力不足を乗り越えるべきだ」と呼び掛けた。

首都プノンペンのマーケット(市場)の発電機販売店は、通常よりも高値で仕入れたために売値も上げざるを得ないと話す。市民からはこの1カ月で発電機の価格が2倍以上になったと嘆く声も出ている。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日系とウイング、融資管理システム共同開発(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

ベトナム海外投資先、カンボジアが4位に(11/22)

1~10月の税収、28%増の24億米ドル(11/22)

インド、商工会議所の開設を検討(11/22)

地雷死傷者、2年連続減少 依然被害多いとNGO(11/22)

スリランカ男性の無罪確定、傷害致死(11/22)

衣料パディーニ、来年カンボジアで4店目(11/22)

中銀が電子通貨の決済導入 世界初、日系ソラミツが開発(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン