総額3兆ルピーの発電所、不良債権化の危機

総額で3兆ルピー(約4兆8,000億円)を投じて建設されたインドの発電所12カ所が、不良債権化の危機に直面している。電力を購入する配電企業の支払いが滞っているためだ。PTI通信が24日に伝えた。 発電所を保有するのは、火力発電公社(NTPC)やインフラ大手のGMRグルー…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

鴻海、iPhoneXRのインド生産量300万台に(12:11)

テイクオフ:西部ラジャスタン州がオ…(10/23)

税制改革で投資見直し 外資2社が示唆、コスト増懸念(10/23)

【13億の食に商機】カゴメが独資でトマト加工 業務用に注力、22年に工場フル稼働(10/23)

インドのLCCインディゴ、HCM線を就航(10/23)

農機ソナリカ、合弁設立で中国に進出(10/23)

18年度のインドとの国境貿易、2億ドルに増(10/23)

台湾アビジョン、コピー機3000台の設置計画(10/23)

ウルトラテック、東部で設備投資94億ルピー(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン