• 印刷する

テイクオフ:フィリピンでは、199…

フィリピンでは、1990年代から2000年代初頭にかけ、日本のアニメ番組の人気が高く、若者の間でJポップも流行した。しかし、テレビ局がアニメ番組を韓国のドラマに置き換えたことで、Jポップ人気も下火となった。

インターネットの速度が向上したことで、アニメ番組を見て育った世代が、ネットを通じて日本のアニメ番組や映画にアクセスできるようになってきた。会員制交流サイト(SNS)で、日本関連のものに「いいね」を送る人は多い。中にはコスプレにはまっている人もいれば、日本語を勉強している人もいる。昨年には、日本のアイドルグループ「AKB48」のマニラ版「MNL48」も活動を始めた。

アニメは、フィリピン人が日本文化を好きになる大きな理由になっているようだ。もっと手軽に見られるようになれば、日本のポップカルチャーが再びブームになるかもしれない。(D)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

輸入停止で揺れるコメ農政 中銀「問題ない」、インフレ圧力も(11/22)

社会混乱、7割が業務に影響 NNA調査、事業撤退へ懸念も(11/22)

証取所、自主的上場廃止の規定見直し(11/22)

不動産GGDC、クラーク複合開発で起工式(11/22)

比経済は堅調、三井住友銀とメトロバンク(11/22)

ITビーエンジ、地場エヌパックスに出資(11/22)

フェロニッケル、中国企業と年間供給契約(11/22)

縫製業振興、ファストファッション以外で(11/22)

租税特赦制度8カ月、12億ペソ徴税(11/22)

全国送電社、今後10年で4630億ペソ投資(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン