22年に首都の地下水利用禁止 地盤沈下で50年には北部水没も

インドネシアでは近年、地下水の過剰なくみ上げによる地盤沈下が進行している。現在のペースで地盤沈下が進めば、30年後には北ジャカルタが水没すると予想されている。このため公共事業・国民住宅省は、首都の地下水利用を2022年に禁止し、水道水の利用を義務付ける方針を打ち出し…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:雨期のこの時期ほど、天…(01/29)

新型肺炎、アセアン株に余波(01/29)

ライオン航空、2月に中国全土の直行便運休(01/29)

現代自、販売網の構築に5億ドルの追加投資(01/29)

EVの型式認証検査、手数料を半額に(01/29)

東南アのホワイトカラー求人、3カ国で減少(01/29)

首都高速料金2月初め改定、大型貨物値下げ(01/29)

LG商事がインドネシア事業の総括組織(01/29)

新首都の建設工事、第4四半期に開始目標(01/29)

鉱石の製錬所販売価格、参照価格基準に設定(01/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン