22年に首都の地下水利用禁止 地盤沈下で50年には北部水没も

インドネシアでは近年、地下水の過剰なくみ上げによる地盤沈下が進行している。現在のペースで地盤沈下が進めば、30年後には北ジャカルタが水没すると予想されている。このため公共事業・国民住宅省は、首都の地下水利用を2022年に禁止し、水道水の利用を義務付ける方針を打ち出し…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

PLNのバイオマス発電試験、年内に完了(21:09)

テイクオフ:平日の昼に近所の商業施…(10/01)

対コロナ、33分野の関税免除 製造業支援の追加策、年末まで(10/01)

「コロナ感染しない」2割弱=統計局調査(10/01)

西ジャワ州の社会制限、10月27日まで延長(10/01)

国会本会議、印紙税法の改正法案を可決(10/01)

メダン工業団地、廃棄物処理施設の起工式(10/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン