産休延長は女性採用に影響、労組が非難

フィリピン雇用者連合(ECOP)が実施した調査で、フィリピンで2月に成立した産休延長法(共和国法第11210号)が、女性の採用に影響すると考える企業が7割近くに上ることが分かった。労働組合は調査結果を「女性差別」と非難。性別で採用を判断する企業は、同法に基づき提訴や…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:聖週間(ホーリーウイー…(04/23)

財閥10社、18年は15%増収 純利益に明暗、原油高響く(04/23)

資料:18年の財閥および大手複合企業の業績(04/23)

中比合弁の製鉄所建設へ手続き迅速化を指示(04/23)

バナナ輸出協会、日本の検疫強化に懸念(04/23)

食品ユニバーサルロビナ、18年は15%減益(04/23)

農業省、肉過剰受け輸入制限を検討(04/23)

フィリピン証取、年内に空売り規制解除へ(04/23)

22日為替:$1=52.040ペソ(↓)(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン