農薬の使用過多・混合は危険、専門家ら警鐘

カンボジアの農業で、化学肥料の使い過ぎや十分な知識がないままの農薬の混合が横行しているとして、専門家らが警鐘を鳴らしている。プノンペン・ポスト(電子版)などが19日伝えた。 農業専門家らが首都プノンペンで18日に開いたセミナーで、カンボジア工科大学(ITC)のパッ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ANAの成田直行便、4月12~24日は運休(03/27)

感染98人、「治療費無料」で入国も(16:00)

緊急事態宣言、国王に発令の要請を検討(03/27)

累計感染者96人に、10人が既に回復(03/27)

給与税率を改定、課税適用下限額を引き上げ(03/27)

カンボジアとロシア、貿易投資関係強化へ(03/27)

中小企業協会連盟、電子決済ウイングと提携(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン