農薬の使用過多・混合は危険、専門家ら警鐘

カンボジアの農業で、化学肥料の使い過ぎや十分な知識がないままの農薬の混合が横行しているとして、専門家らが警鐘を鳴らしている。プノンペン・ポスト(電子版)などが19日伝えた。 農業専門家らが首都プノンペンで18日に開いたセミナーで、カンボジア工科大学(ITC)のパッ…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

コロナワクチン、渡航者の自費接種開始へ(04/15)

アプサラ油田の生産に暗雲、政府は状況注視(04/14)

ピザの米パパジョンズ、3年で15店舗開設へ(04/14)

国内非居住者の電子商取引にVAT課税(04/14)

外食と酒類の販売を禁止、首都で24日まで(04/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン