• 印刷する

《知財》昨年の国際特許出願、中国は2位を維持

世界知的所有権機関(WIPO)は19日、中国からの国際特許の出願件数は2018年は5万3,345件で、前年と同じく世界2位に付けたと発表した。WIPOは、中国の出願件数がトップの米国(5万6,142件)に迫っており、向こう2年以内に米国を抜き、世界トップに躍り出るとの見通しを示している。

18年の中国の出願件数は米国を猛追したものの、前年比増加率は9.1%と、02年以降で最も低かった。

3~5位はそれぞれ日本(4万9,702件)、ドイツ(1万9,883件)、韓国(1万7,014件)だった。

企業別で見ると、通信機器世界最大手の華為技術(ファーウェイ)が5,405件を出願し、前年同様に世界トップを確保した。世界2位は三菱電機で2,812件。また16年には世界トップ、17年は2位の座にあった通信機器大手の中興通訊(ZTE)は、18年は2,080件で5位。出願件数は前年比で29.8%減った。

大学ではトップが米カリフォルニア大学(501件)で、2位は216件の米マサチューセッツ工科大学(MIT)。中国の深セン大学が201件で3位に付けた。4位も中国の華南理工大学(広州市)で170件だった。5位は米ハーバード大学で169件。中国の大学は17年はトップ5入りしていなかったが、18年は2大学が名を連ねる躍進をみせた。

18年の商標権の国際出願はトップが米国で8,825件。2位は7,495件のドイツで、6,900件の中国は世界3位だった。トップ3の顔ぶれは17年と同じ。


関連国・地域: 中国-全国韓国日本米国カナダ
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:人は、想像力が及ばない…(04/19)

都市鉄道、全国で5700キロ超 18年末、上海が785キロで最長(04/19)

自動車の購入制限を緩和か、消費拡大へ政府(04/19)

【一帯一路の現場から】唯一の完成車メーカー、力帆実業(04/19)

米中貿易5月下旬決着も、協議再開と報道(04/19)

【アジアインタビュー】 「経済の本質を“面白く”伝えたい」(04/19)

海外からの対中投資、1~3月は6.5%増(04/19)

VW、中国で28年までにEV1160万台生産(04/19)

工業用水消費2割削減へ、当局が節水計画(04/19)

中国携帯大手の参入却下へ、米通信委(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン