• 印刷する

高速鉄道整備で入札開始、2千億ルピー規模

インド西部のグジャラート州アーメダバードとマハラシュトラ州ムンバイを結ぶ高速鉄道整備事業で、約50%に当たる区間の建設に向けた入札が15日に始まった。政府筋は事業費を2,000億ルピー(約3,200億円)前後と試算しているもようだ。

実施機関である国家高速鉄道公社(NHSRCL)が公告を出した。高速鉄道の全長は約500キロで、入札の対象となるのはグジャラート州バドダラと両州の州境に位置するザロリ村を結ぶ237キロで、応札書類の提出期限は7月15日。落札者は、バルチやスラトといった4駅や高架橋、車両基地を含めて設計と建設を担う。工期は42カ月間。

同事業では、日本の新幹線方式の採用が決まっている。タイムズ・オブ・インディア(電子版)によると、円借款契約を結んだ国際協力機構(JICA)との協定に基づき、入札に参加できるのは一定の要件を満たした日本とインドの建設企業に限られる。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

プラ製品シータイ、越やインド事業を強化(04/19)

テイクオフ:インドのカレーは日本と…(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

タタ自、電気自動車のラインアップを拡充へ(04/18)

EV新興企業、最初の車両を交通局に登録(04/18)

正新のインド工場、19年末にフル稼働へ(04/18)

自動車部品シャルダ、ドイツ企業と合弁(04/18)

クボタのトラクター販売3割増、1万台強に(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン