• 印刷する

外国航空会社の地方路線、政府が優遇検討

フィリピンの観光省は、マニラ首都圏以外の地方空港を発着する外国航空会社に対し、インセンティブを付与することを検討している。混雑するマニラ空港の利用を減らし、地方への外国人誘客を狙う考えだ。地元紙ビジネスミラーなどが伝えた。

観光省のバラネ氏(路線開発チーム)によると、セブやボホール、パラワンなど観光地の空港に直行便を就航する航空会社に対し、着陸料、駐機料を割引きする案がある。同氏は「直行便の新規就航には通常、膨大な費用が掛かる。各国では、シンガポールや中国の昆明、バンコクなど発着便の多い空港でも同様の優遇措置を導入している」と説明し、地方空港への乗り入れを積極的に支援していく方針を示した。

フィリピンの航空旅客数は、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に集中しており、NAIAは旅客処理能力をオーバーするなど、混雑解消が急務となっている。昨年にはセブ州のマクタン・セブ国際空港(MCIA)やボホール州のボホール・パングラオ国際空港が旅客処理能力を増強しており、地方空港の改修・拡張が進んでいる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

日系企業、新興ITに照準 成熟度見極め、法整備は前進(11/15)

中銀が政策金利据え置き、3会合ぶり(11/15)

ヨマに比アヤラが出資、不動産・金融で協業(11/15)

コメの輸入規制撤廃を維持、財務省(11/15)

地場オリオン、エネ事業で米B&Mと提携(11/15)

「悪行税」法案、年内の上院通過に期待(11/15)

タイ製車両に輸入制限、たばこ紛争報復で(11/15)

外資投資の伸び、東南ア首位=ア開銀(11/15)

ジョリビー、中国に「添好運」の合弁設立(11/15)

ア開銀、自治体の能力向上に3億ドル(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン