• 印刷する

外国航空会社の地方路線、政府が優遇検討

フィリピンの観光省は、マニラ首都圏以外の地方空港を発着する外国航空会社に対し、インセンティブを付与することを検討している。混雑するマニラ空港の利用を減らし、地方への外国人誘客を狙う考えだ。地元紙ビジネスミラーなどが伝えた。

観光省のバラネ氏(路線開発チーム)によると、セブやボホール、パラワンなど観光地の空港に直行便を就航する航空会社に対し、着陸料、駐機料を割引きする案がある。同氏は「直行便の新規就航には通常、膨大な費用が掛かる。各国では、シンガポールや中国の昆明、バンコクなど発着便の多い空港でも同様の優遇措置を導入している」と説明し、地方空港への乗り入れを積極的に支援していく方針を示した。

フィリピンの航空旅客数は、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に集中しており、NAIAは旅客処理能力をオーバーするなど、混雑解消が急務となっている。昨年にはセブ州のマクタン・セブ国際空港(MCIA)やボホール州のボホール・パングラオ国際空港が旅客処理能力を増強しており、地方空港の改修・拡張が進んでいる。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都マニラ北西で22日…(04/24)

中国との「蜜月」演出 初のBFA、米保護主義を批判(04/24)

年内に上位中所得国入り、財務相が米で講演(04/24)

貿易産業省、オンライン製品認証手続き開始(04/24)

持ち株コスコ、全事業好調で18年は増収増益(04/24)

23日株価指数:7818.93ポイント(04/24)

経営破綻の韓進現法、負債額は17.1億米ドル(04/24)

現代自の1Q販売、商用車好調で12.5%増(04/24)

PCC、ルソン系統の停電で調査へ(04/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン