• 印刷する

フォードが「フィーゴ」の新モデル発表

マッチングアプリ「ティンダー」を介して15日にお披露目する予定のフィーゴ(フォード・モーター提供)

マッチングアプリ「ティンダー」を介して15日にお披露目する予定のフィーゴ(フォード・モーター提供)

米自動車大手フォード・モーターはきょう15日、小型ハッチバック「フィーゴ」の新モデルを発表する。ターゲットのミレニアル世代(1980~2000年前後生まれ)に効果的にアピールするため、マッチングアプリ「ティンダー」を介してお披露目する。

現地法人フォード・インディアのラフル・ゴウタム副社長(マーケティング担当)は声明で、「最も効果的な販促方法としてティンダーを選んだ」と述べ、若者の取り込みに力を入れる姿勢を示した。地元メディアは、ガソリンモデルとディーゼルモデルに加えて圧縮天然ガス(CNG)対応モデルも用意されると予測する。

フォードは、インド発のモデルとしてフィーゴを2010年に発売した。新モデルはマルチ・スズキの「スイフト」や韓国・現代自動車の「グランドi10」の競合車になるとみられている。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

IT業界、本年度7~9%成長 19年もAI中心に需要増=協会(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

シャオミ、決済アプリのミペイ導入(03/22)

トヨタとスズキ、協業の具体的な検討で合意(03/22)

ホンダが二輪車開発集約、中印勢と競争激化(03/22)

オラが南部州政府と提携、交通データ提供(03/22)

伊二輪ベネリ、1年半で8~9モデル発売へ(03/22)

二輪アザー、ゴドレジと充電網整備で提携(03/22)

ジェット操縦士、給与未払いで乗務拒否を警告(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン