• 印刷する

発電Bグリム、グロウSPP1の買収完了

ドイツ系財閥Bグリム傘下のタイ発電会社Bグリム・パワーは13日、仏エンジー傘下のタイ発電会社グロウ・エナジーの発電所「グロウSPP1」の買収を完了したと発表した。同発電所を運営するグロウSPP1社の全株式を同日付で取得した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、子会社Bグリム・パワー・サービス(レムチャバン)を通じ、33億バーツ(約116億円)で、グロウ・エナジーの全額出資子会社グロウからグロウSPP1社の全株式を取得した。

SPP1は、コージェネレーション(熱電併給)発電所で、1998年に稼働。東部ラヨーン県のWHAイースタン工業団地(マプタプット)=旧ヘマラート・イースタン工業団地(マプタプット)=に立地しており、出力は12万4,000キロワット(kW)、蒸気生産量は1時間当たり90トン、純水生産量は同190立方メートル。

グロウ・エナジーは国営石油PTTの発電事業子会社グローバル・パワー・シナジー(GPSC)に身売りされる予定だが、東部電力市場における独占を懸念したエネルギー規制委員会(ERC)が昨年12月26日、条件として「グロウSPP1」の他社への売却を指示していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:バンコクの有名な卸売市…(08/26)

投資相「総選挙の影響楽観」 改革強調、タイ企業を誘致(08/26)

【循環型経済】タイをバイオプラ生産ハブへ 原料の一大産地、大手が増産検討(08/26)

日本ヒューム、子会社一部株式を地場に譲渡(08/26)

GPSC、PTTと電池のR&Dで提携(08/26)

アマタ、政府と合弁でヤンゴンに工業団地(08/26)

起亜、タイで「ソウルEV」最新モデル発売(08/26)

ECショッピー、2四半期連続で東南ア首位(08/26)

シボレー、新型「キャプティバ」を現地生産(08/26)

メルセデス、小型車「Aクラス」の新型発売(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン