• 印刷する

発電Bグリム、グロウSPP1の買収完了

ドイツ系財閥Bグリム傘下のタイ発電会社Bグリム・パワーは13日、仏エンジー傘下のタイ発電会社グロウ・エナジーの発電所「グロウSPP1」の買収を完了したと発表した。同発電所を運営するグロウSPP1社の全株式を同日付で取得した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、子会社Bグリム・パワー・サービス(レムチャバン)を通じ、33億バーツ(約116億円)で、グロウ・エナジーの全額出資子会社グロウからグロウSPP1社の全株式を取得した。

SPP1は、コージェネレーション(熱電併給)発電所で、1998年に稼働。東部ラヨーン県のWHAイースタン工業団地(マプタプット)=旧ヘマラート・イースタン工業団地(マプタプット)=に立地しており、出力は12万4,000キロワット(kW)、蒸気生産量は1時間当たり90トン、純水生産量は同190立方メートル。

グロウ・エナジーは国営石油PTTの発電事業子会社グローバル・パワー・シナジー(GPSC)に身売りされる予定だが、東部電力市場における独占を懸念したエネルギー規制委員会(ERC)が昨年12月26日、条件として「グロウSPP1」の他社への売却を指示していた。


関連国・地域: タイ
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

賃上げで工場の海外移転も=CPF(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン