• 印刷する

テイクオフ:電話越しだと相手にアル…

電話越しだと相手にアルファベットの発音が伝わらないことがある。そんな時は「アメリカのA」などと言うが、いつも困るのが「D」だ。良い例がとっさに思いつかず「ドッグ(犬)のD」と発したくなるのだが、相手は犬を不浄とするイスラム教徒であることが大半。

困りながら「Dです。ABCDのD」と繰り返すと、相手が「ドンキーか?」と例示してくれ深謝した。隣にいた知人に「ドンキーなんて久しぶりに聞いた」と言われて妙に納得。ドンキーといえば、昔はやったテレビゲームか地元のハンバーグチェーンぐらいだ。ただ、同僚のマレーシア人が同じ場面でドンキーを登場させていた。

デンマークやドバイを持ち出すとスムーズだっただろうか。無難に行くべきか、ドンキーでマレーシアに親しみを込めるか。頻繁に使う文字は複数候補を持ち合わせておきたい。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参画(11:55)

テイクオフ:当地では産じょく期の女…(11/18)

3Q成長率、4.4%に鈍化 サービス業と製造業が伸び悩み(11/18)

タンジュンピアイ補選、野党連合が圧勝(11/18)

インドがマ産CPOの調達再開、価格低下で(11/18)

RM1=26.1円、$1=4.15RM(15日)(11/18)

ゲンティン、米エンパイアリゾーツを合併へ(11/18)

グリーンパケット、チャイナモバイルと提携(11/18)

飲料大手F&N、2部門好調で24%増益(11/18)

サラワク州の山間部に国境警備道路整備へ(11/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン