• 印刷する

テイクオフ:電話越しだと相手にアル…

電話越しだと相手にアルファベットの発音が伝わらないことがある。そんな時は「アメリカのA」などと言うが、いつも困るのが「D」だ。良い例がとっさに思いつかず「ドッグ(犬)のD」と発したくなるのだが、相手は犬を不浄とするイスラム教徒であることが大半。

困りながら「Dです。ABCDのD」と繰り返すと、相手が「ドンキーか?」と例示してくれ深謝した。隣にいた知人に「ドンキーなんて久しぶりに聞いた」と言われて妙に納得。ドンキーといえば、昔はやったテレビゲームか地元のハンバーグチェーンぐらいだ。ただ、同僚のマレーシア人が同じ場面でドンキーを登場させていた。

デンマークやドバイを持ち出すとスムーズだっただろうか。無難に行くべきか、ドンキーでマレーシアに親しみを込めるか。頻繁に使う文字は複数候補を持ち合わせておきたい。(理)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

世銀予測、19年は4.7%成長 不確実性と石油依存の財政を懸念(04/26)

RM=27.0円、$=4.13RM(25日)(04/26)

【アジア三面記事】猫カフェ、実は悪徳ブリーダー(04/26)

マ航空、学割プランでデジタル3社と提携(04/26)

ホンダ、アコードのエアバッグ無償交換(04/26)

浄水場の工事完了、首都圏の水供給回復へ(04/26)

トロピカーナ、4社と共同開発で合意(04/26)

SPセティア、持ち家支援システムを導入(04/26)

精密部品のUWC、ブルサ上場で承認(04/26)

ハイテクパドゥ、ペナンの駐車システム受注(04/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン