• 印刷する

航空庁、事故同型機の運航を一時停止

シンガポール民間航空庁(CAAS)は12日、エチオピア航空の旅客機が墜落し乗客乗員157人全員が死亡した事故を受け、事故機と同型のボーイング737MAX8を含む737MAX全てのシンガポールでの運航を一時停止すると発表した。同日午後2時以降の便が対象となる。

同国では、シンガポール航空(SIA)傘下で短・中距離路線を運航するシルクエアーが737MAX8を6機保有。広島、韓国・釜山とシンガポールをそれぞれ結ぶ直行便を運航している。SIAとシルクエアーはそれぞれの公式フェイスブックで、「6機は全て国内で駐機しており、(CAASが)再開を発表するまで運航しない」と説明。チャンギ空港を運営するチャンギ・エアポート・グループ(CAG)やCAASと緊密に連携し、乗客への影響を最小限にとどめるよう努めるとした。

CAASによると、チャンギ空港に乗り入れている外国の航空会社でボーイング737MAXを運航しているのは、中国の中国南方航空、山東航空、インドネシアの国営ガルーダ・インドネシア航空、タイのタイ・ライオン・エア(TLA)の4社。


関連国・地域: 中国韓国タイシンガポールインドネシア日本アフリカ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

2Q経済成長率が軒並み停滞 東南アジア、内需堅調も輸出不振(20:20)

積立基金の負担率、21年に2ポイント上昇(17:05)

楽天、格安ホテルのレッドドアーズに出資(20:14)

食品卸トーホー、地場同業を子会社化(20:14)

医療技術の新拠点開設、新興企業向けに(20:14)

テイクオフ:連休を利用して世界遺産…(08/20)

東南アでテクノロジー投資活発 中国からシフト、上期は過去最多(08/20)

シェルが給油所でEV充電設備、東南アジア初(08/20)

地場の廃棄物処理、マレーシア同業を買収(08/20)

データセンター競争力、世界3位=C&W調査(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン