• 印刷する

高級マンゴー、酷暑で収穫量減の可能性も

マレーシアで少なくとも4月まで続くと見られる酷暑により、北部プルリス州が独占生産する高級マンゴー「ハルマニス」の収穫量が減少する可能性が出ている。12日付スターが伝えた。

プルリス農業局の担当者によると、マンゴーの栽培に適した気温は31~32℃だが、州内は連日、午後になると36℃まで上昇している。加えて、1月に降雨を2回記録して以降雨が降らず、乾燥した状態が続いているという。このため3万5,000本あるハルマニスの木が過酷な環境におかれ、昨年750トンだった収穫量が減少すると予測している。

農家の男性(35)は「酷暑で生育に時間が掛かり、収穫時期が7~8月まで延びるだろう」と話した。例年の収穫シーズンは4~6月。

一方、地下水を引いてハルマニスを栽培する男性は、栽培する900本の木は影響を受けていないと証言。高温によって発育が良く、昨年と比較して5割増の収穫量が期待できるという。

ハルマニスは毎年4~6月の1シーズンしか手に入らない希少性と、その味の良さから人気があり、国産の最高級マンゴーとして知られる。価格は1キロ当たり40リンギ(約1,090円)。シンガポールや台湾、日本などにも輸出され、日本では同2,700円程度で販売されている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 農林・水産

その他記事

すべての文頭を開く

航空関連の苦情件数、上半期は5.6%減(20:14)

OSKベンチャーズ、貸金業の免許取得(20:13)

中小企業、コンプラが重荷に 最低賃金で年6200リンギ負担(09/20)

いすゞ、新型エンジン搭載のピックアップ投入(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

エアアジアCEO、同社など以外の取締役辞任(09/20)

ヘイズ責任企業、国外でも罰則適用方針(09/20)

RM1=25.8円、$1=4.19RM(19日)(09/20)

30億リンギの景気対策か、来年度予算案で(09/20)

再エネ業界、向こう数年で160億リンギ調達も(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン